<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - * -
動画再生テスト



動画再生テスト,Flash ver.

とある日の保育園でのお昼寝。
* comments(0) * trackbacks(0) * notebook
動画再生テスト

Quick Timeでのみ再生可能らしいよ〜

微妙に私の声が入っているのは気のせいです…
* comments(0) * trackbacks(0) * notebook
悲しき恋歌
―プロローグ―


少女は少年の声を聴いた瞬間、その声が好きになりました。

少女は少年の髪の香りをかいだ瞬間、その香りが好きになりました。

少女は少年の手を握った瞬間、そのぬくもりが好きになりました。


そしてそんな少女と出会った瞬間、少年も少女が好きになりました。

空が、土が、海が・・・

そして、私たちの運命がなぜ存在するのかという問いに誰も答えられないように

そう、少女と少年は恋に落ちてしまいました。

当たり前のようにそこにある空のように

土のように・・・海のように・・・

運命のように・・・



久しぶりに泣きそうな予感のする話のプロローグ
* comments(0) * trackbacks(0) * notebook
む〜・・・
かたーい口の閉じた二枚貝のようだったら、心を守れるのかとか思ったり。

でも守りに徹したら楽なんだろうけど、それだけじゃ前に進めないよね。
続きを読む >>
* comments(2) * trackbacks(0) * notebook
メモ
ここは何もない地平線

一面見えるのは乾いた地面だけ

遠く彼方にあるものは何だろう?

どちらの方向に歩きだそう?

彼方にある何かを目指して

私は歩いていく

乾いた地面を涙で濡らしながら

* comments(0) * trackbacks(0) * notebook
メモ
あまりにも曖昧すぎて

もうそれは現実なのか空想なのかわからない

ただ、今は泣くことしかできない

泣くことで何も解決しないということは

わかってはいるのだけれど

ただ、今は泣くだけ
* comments(0) * trackbacks(0) * notebook
| 1/2PAGES | >>